医療用衣服|スクラブや白衣は医療現場のSOSに対応|レスキュー衣服
病院

スクラブや白衣は医療現場のSOSに対応|レスキュー衣服

医療用衣服

ドクター

これまでは、医療用衣服といえば、白衣をイメージしてきました。しかし、白衣は、古いイメージがあるだけでなく、白衣独特の威圧感や、冷淡感により、病気に苦しむ患者さんへの恐怖感を植え付ける場合もしばしばです。そういった中で、最近では、薄くて軽い素材によるスクラブを採用する医療機関が急増しています。スクラブには、医療用として毎日洗濯する必要があることから、ゴシゴシ洗っても丈夫な素材という意味があります。しかし、丈夫さだけでなく、洗濯しやすい素材として、丸洗いして乾かすだけで、アイロン不要で、すぐに着用できる高品質の素材も開発されてきました。そのうえ、しわもなく、バリエーション豊富なカラーを用いたものだけでなく、キャラクターや、かわいらしいデザインをあしらったものまで、豊富なラインアップとなっています。今後も、このような医療用スクラブを着用する医療関係者が増えてくるものと思われます。

独特のデザインや、医療機関のイメージをあしらった医療用スクラブによって、患者さんとのコミュニケーションも深まり、病気の治癒が早まったり、全快に向けての意識向上が期待できます。そういったことで、患者さんだけでなく、医療機関スタッフも、明るい雰囲気になるため、医療機関のイメージアップにつながる場合もあります。そういった中で、これまでは、経費の関係で、白衣を毎日洗濯しない医療機関もありますが、丈夫な生地によるスクラブには、洗濯しやすい素材で出来ていますので、繰り返し洗濯にも十分耐えうることができますので、コスト低減効果も期待できます。そして、清潔感を与えるだけでなく、制菌機能や、制電機能により、常に清潔な状態を保つことができます。また、医療用スクラブには、かがんだ時にも、胸元や、胴回りも見えないエチケット機能にも配慮していますので、安心して医療業務に従事することができます。今後も、技術革新により、新たな素材開発により、高品質のスクラブ生産が可能になることで、低コスト商品の提供が期待できます。